★演奏会のお知らせ

第一回演奏会 ~ 無事終了しました ~
第二回演奏会は2013年10月20日(日)です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2013年8月14日水曜日

第2回演奏会のチラシが完成しました。

10月20日(日)の演奏会のチラシが出来ました。 赤いです。お友達のデザイナーに作ってもらいました。 このチラシ、見る時間帯によって見え方が変わるんです。不思議ですね。 8月11日にリハーサルをしました。京王線が止まっていて大変でしたが、みんな別の路線やタクシーを駆使して集まることが出来ました。 練習も順調です。

2013年3月6日水曜日

グローバルフィルの演奏会を聴きに行きました。


2月24日(日)にグローバルフィルの第49回定期演奏会を聴きに行きました。
ノーロのメンバーが参加していたのです。

演奏は、コンサートミストレスが、ぐいぐいひっぱっていて、
ハイドンの交響曲第88番「V字」が、弦のテクニックの高さも
あってよかったです。早い楽章が得意なようです。

古典四重奏団のレクチャーコンサート Plus#16 “チャイコフスキー氏からの手紙” に行きました。


3月2日(土)に古典四重奏団のレクチャーコンサートに行きました。
場所は、晴海トリトンスクエアです。
チェロの田崎さんのお話を聞きながら、弦楽四重奏曲やそれ以外の
曲を弦楽四重奏で弾くのを聴いていきます。

今回はチャイコフスキーがテーマでしたが、チャイコフスキーの潜在的
魅力を十分に感じ取ったコンサートでした。

音はやはり、古典四重奏団の音です。
とにかく抜群にハーモニーが美しいです。
4本で一つの楽器のようです。

こんなコンサートが聴けて、しかも無料だなんて、
凄いことだと思います。
東京にいてよかったと思いました。

第2回演奏会は2013年10月20日(日)に決まりました

全国のノーロノーロを応援してくださっている皆様へ。

次回の演奏会の日程が、2013年10月20日(日)に決まりました。
会場は、前回と同じソノリウムです。

曲目は決まり次第、ここでお伝えします。お楽しみに。


※写真は、前回の演奏会のリハーサル風景です。

2013年2月13日水曜日

毘沙門天管弦楽団の演奏会に行きました


2月11日(月祝)は、ノーロのメンバーが出演した
毘沙門天管弦楽団の演奏会を聴きに行きました。
このオーケストラの魅力は、
真面目な団員と愛がたっぷりある指揮の横山先生です。
今回の演奏会は、それが十二分に堪能できる演奏でした。
各パートともフレージングも音色もエレガントで、
横山先生の長年にわたる特訓で皆で共有しているものが
あるというのがはっきりわかる演奏でした。
ノーロもノーロの音を作っていきたいと思います。

2012年10月26日金曜日

古典四重奏団の演奏会を聴きました。


2012年10月25日は古典四重奏団の演奏会でした。
場所は、上野公園の東京文化会館小ホールです。
このホールは素敵ですね。変な形をしています。
古典四重奏団のファーストヴァイオリンの川原千真さんは、
ノーロノーロのトレーナーもしてくれています。

ノーロノーロからは3人が聴きに行きました。
そして、演奏会はシューベルトプログラムでした。
最初に田崎さんによるレクチャーがありましたが、
それは、少しお腹が空いていましたので、聴かずに
ロビーでくつろぎました。

演奏は、それは、もうここで書いてもしょうがないという
感じです。とにかく、生で体験しなければいけません。
暗譜による効果もあるのでしょうか、集中力を保ったなか、
活き活きとしたフレージング、抜群の音程感、
奏者のエネルギーがみるみるうちに共有されます。
聴衆も、座席の半数も埋まっていなかったので、少人数ですが、
完全に引き込まれていました。
楽章感のザワツキなんてありません。
死と乙女って何度も聴いたことがあるはずなのに、全く別のものとして
聴こえました。

終わった後は、奏者が、ロビーに出てきてサイン会をしておりましたので、
サイン会が終わった頃に、少し、千真さんとお話をして帰りました。

ノーロも、次回は暗譜でしたらよいことがおこりそうに思います。


古典四重奏団ホームページ
http://www.gregorio.jp/qc/


2012年9月8日土曜日

チラシが出来ました

演奏会のチラシが出来ました。

ノーロノーロのマークは、みんなでカタツムリの絵を出し合って、決めたものです。
いいでしょう。